FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのはの水芸・エミの肉便器化

前々からその傾向はあったのですが、

昨日からなのはが挿入した状態でも潮を吹くようになりました。

抜いた時に噴射させることは結構有りがちなのですが、

恐らくヒトという生き物の構造上出来そうでなかなか出来ないことだと思います。

毎週白目剥いて失神を繰り返すほど使ってあげてましたが、

また新しい一面が見れて良かった。

一方エミですが、

どこで求めても応えられる肉便器化が進み、

自宅の前だろうが帰りの車中だろうが

どこででも望めばはしたなく股を開き跨がり腰を振るような肉便器化が進んでます。

近々久しぶりに3人で会う予定です。

スマホも新しくなるし、撮影しましたら公開しますね。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

正直なところ

雌は愛玩具だと思ってる。

色んなオモチャを集めて大事に使いたい。

大事に使いこなせば、

案外文句なんて言わないものだよ。

快感を与えられて返って喜ぶものさ。

持ち主を玩具で囲んで喜ばせれば喜ばせるほど、与えられる。

そんな関係で15年ほどやってきた。

事実だったからこそ

未だに意見は変わらないし、

これからもきっとそうだろう。

見当違いな愛を押し付ける女性より、

一人の主人の性を貪欲に求める雌の方が可愛らしい。

顔が悪いとか

体型が悪いとか

健気に主人の肉の棒に舌を這わせていれば

巷で「良い」と言われている女性の何倍も素敵に見えてしまう。

俺はそんな男です。

巷で言う最低な男です。

ただ、奴隷にとっては最高の主人なんだと思う。

お久しぶりです

日々忙しく、更新できておりませんでした。
それでも、毎週の調教は行っておりましたが。
撮り貯めされた画像などもありますので近々アップしていきます。

そういえば、話は変わりますが…愚痴らせてもらいます(笑)
この数ヵ月で2度寝取り依頼がありました。

以前、何度か寝取りプレイをしたことがありますが、
今回は2度とも断っております。

理由としては非常に面倒だったから。
毎回思うのですが、
俺にとっては以前どんな男の人を相手に失敗したとかどうでもいいんですよね…
前回素性も知らない男に慎重になるべきだったものを、
こうして赤裸々に性生活を公開している俺に必要以上に慎重になられても…と思ってしまいます。

…ふたりともすごく質問してくるんです。

それがすごく面倒なんです。

そして寝取る本人と話す機会を作らない。
俺が答えたことは旦那というフィルターを通して伝わるから、俺が言いたいことが全く伝わらない。

注文ばかり突きつけられて応えてまで抱きたいとは思わない。

それなら、自力で人妻を見付けて調教するほうが楽しい。

そう思います。

その慎重さは俺には不要です、って何度も言いたかったです。
そのくせ俺自身には妙に干渉してくる、
興味がある雰囲気を伝えてくる。

一体何がしたかったんでしょうか…

実はこれ、俺との寝取りが成立しない人の共通の特徴なんです。

成立した人は共通して話の早い人でした。
あと、旦那も奥さんも電話が出来る方。

やっぱ文字でダラダラやり取りしてると俺もやる気が失せます、、、

カメラ持ってるか、とか
どこでする、とか

正直メールで話すより電話一本の方が効率的じゃないですか…人柄も雰囲気も伝わってくれますし(笑)

まあ、正直言って立派なカメラを用意しての撮影より手軽なスマホでの動画撮影の方が好みなんですが(実際、投稿は全部スマホ撮影ですしね)

期待ハズレ、でした。


久しぶり、がこんな愚痴になってすみません(笑)

では、また

たくさんのメッセージありがとうございます

アップル写真館を通してのメールやコメント、FC2内のメッセージ、直接のメール等々、
たくさんのお声ありがとうございます。

これからも投稿やブログの更新等活動していきますのでよろしくお願いします。

FC2に来ていくつか他のブログを読む機会もあり、
自分の考え方と比べたり、他の投稿を見て勉強してみたり、
最近は楽しく過ごしています。

まあ、ホントみなさん色んな考えをお持ちなんですね。
俺なんか、まだまだ考えが足りないですねえ笑



どんな奴隷に育てたい、とか
そもそも自分目線で奴隷ってどんなものなんだろう、とか
久々に原点に振り返ってみたりしてました。

それで、最近思い出した事があるので、
ついでに書いておきたいと思います。

奴隷とSMをよく結びつけてる人が多いんですけど、
そういや、俺は違ったんだよな。
って事を思い出しました。

SMってただの「嗜好」ですからね。
奴隷の概念があって、そこでSMという性的な嗜好を使って、自覚をさせているんです。

でも、奴隷という人間以下の立場になることに、
冷静に考えたらどこに魅力があるのでしょうか。

初めはきっと、
そんな魅力「無い」んじゃないかなと思います。

人間ですから。

でも俺は奴隷を複数所有しています。

今所有している奴隷は
GPSでいつでも居場所は特定できますし、
刃向かったりされたことも一切ありません。

現代社会で奴隷に成り下がるきっかけはどこなんでしょうか。

俺は奴隷になる魅力の一つとして考えられる事は
自分を人間以下の存在として扱われる事で、新しく特別なアイデンティティを確立できることなんじゃないかな、と思います。



俺にとって
「奴隷は所有物です」
漠然とこんな風に考える人は多いと思います。

俺も「奴隷は所有物」だと思ってます。
定義としてもそうですし。
人間でありながら所有物とされる者を言うわけです。
なので、人としての権利は自由に剥奪できます。

所有物って、財産とか物件とか、そういったものを指すことが多いのですが、
「物」って色々ありますよね。

その辺に転がっている石も「物」ですし、
ガラスケースで守られたいかにも泥棒に狙われそうな宝石だって「物」です。

どんな石にも微々たる価値はあります。

その上で考えてみてほしいです。

河原に転がっている石ころたちの一つなら、きっとありきたりで魅力もないでしょう?
女だってこんなもんです。

普通に生きていて、外見やら性格やら違いがあっても大多数の一つなので、大して差はないと思う。
それをどこか自覚しているんです。
そして私は人間だと言って、自己主張を頑張っているんです。

でも、人間としての価値ではなく物としての価値にまで落としたとき、
その希少な存在には価値が生まれるんです。
そんな人間、探してもなかなかいないのですから。

その新しく生まれた価値を高めるために、
それを所有する人間はその石を磨き上げたり、自分の所有しているものを眺めたりするんです。
使用用途の少ない石で例えるならこんなものですが、
それが石ではなくゲーム機ならどうだろう。
例えば子供の頃の「ファミコン」とか「メガドラ」「PCエンジン」…
持っていない人間は羨ましがって、「やらせて」「貸して」と騒いで。
自分はその羨ましがるものを「持っている」んです。

大事にしますでしょうし、汚れたら拭きます。
ソフトを買って、楽しみます。

「いいでしょ」

と見せ付けるものの、触らせたくはないでしょうし、
百歩譲って使わせても、Ⅱコントローラーだったのではないでしょうか。

俺らの世代、子供の頃のファミコンや他のゲーム機は優越感に浸る最高のステータスであり、「宝物」だったのです。

その最高の宝を大事に使う込む。
自分専用として使われる事でその物はさらに価値を生むんです。

じゃあ、この価値を生きた女性に教えるにはどうすればいいか。
そこで、SMや性的刺激を使って自覚させるんです。
身体への刺激は分かりやすいからです。

強烈な快感に逆らえないはしたない自分や、
普段の刺激以外の刺激で感じてしまう情けない自分、
それを与える相手に屈服して、依存してしまっている自分、
自分の全てで楽しむ姿を見て喜んでしまう自分、
責め尽くされた果てに直接相手の身体が入ってくることに幸福感を得てしまう自分、
全身で相手を喜ばせて射精されたときに安堵感を感じてしまう自分、
等々…

そして、それを気付かせるためのちょっとした声掛け。

喜ばせることができた、
楽しませることができた、
役にたてた、
その上で、特別感を感じる相手に掛けられる褒め言葉がたとえ淫らな言葉だったとしても、
自分の価値を強く自覚させるんだと思います。

身体はきっかけに過ぎず、心を育てるんです。
そうやって奴隷の根底が出来たところで、躾を施す。
こうやって奴隷は成長するのだと思います。


奴隷は所有物です。
あくまで俺が作るのは性奴隷ですけど、
それは単純に「性」だけとは言えない存在価値を持てる奴隷としての誇りをもった奴隷に育てたいと思います。

5/26②

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
プロフィール

ケイ

Author:ケイ
普段は宮城で生活している普通の男です。

その私生活はというと
10年以上女をドMな雌に育てる調教師をしてます。

ドSだからドMが欲しい。
Mに目覚めてないならそれに目覚めさせてドが付くくらいに育て上げる。
そんな育ててくれた男に依存し、離れられなくする。
そんな飼い主を目指してます。

主従関係は心地いいものです。
でも分からん人が多いのは知ってます。

調教だのご奉仕だの
言葉にビビって近付かない人間が多いのも知ってます。

だからこそ、教えたい。
そんな怖いものじゃない、
ありきたりな事しか出来ない恋愛関係よりも
ずっと、深く
素敵なものだということを。

分かってくれる人だけ、メッセージください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
相互リンク
アップル写真館
アップル写真館 
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。